ダリアカフェ

  • Facebookでシェアする
  • Lineで送る
  • Twitterで共有する

書誌情報

書誌情報

エデンの初恋

エデンの初恋
著者
朝丘 戻
イラスト
カズアキ
発売日
2018年11月
ISBN・品番
978-4-86657-197-3
定価
本体価格741円+税
判型・仕様
文庫判

帰ろう。俺たちのエデンに――

レンタルショップ『エデン』でバイトをする大学生の要は、美少年AVを借りにくる会社員・柏樹が気になっていた。ゲイであることを隠し、モブとして生きている要。ある日、柏樹が性指向に悩んでいると知り、勇気をだして偽者の恋人に立候補する。彼の性指向解明のため、キスをして、手を握り、一緒に眠る……彼の誠実さと優しさに触れ恋に落ちていく要だが、この関係には終わりが決まっていて――。

「エデンの初恋」試し読み
  • Amazonで購入
  • ネット書店を選択して購入
  • 電子書籍を購入
紙の書籍をネット書店を選択して購入
ブックサービス
セブンネットショッピング
hontoネットストア
紀伊國屋書店ウェブストア
楽天ブックス
TSUTAYAオンラインショッピング
電子書籍サイトで購入
電子貸本Renta!
コミックシーモア
ebookjapan
honto
BookLive!
  • Facebookでシェアする
  • Lineで送る
  • Twitterで共有する
【電子版】カズアキ先生の美麗なイラスト入り&限定配布されたショートストーリー付き♪


Pick up

Pick up

▽ コミコミスタジオ ポイント交換商品 ショートストーリー





   ふたりのエデン





 芝生のラグに座ってガラス戸の外を眺めると、空に桃色の桜が舞っている。ぽかぽか暖かくなってきた初春、本当なら心が踊るはずのこんな美しい景色の前で、俺はついため息を洩らしてしまった。
「――要? どうしたの」
 シャワーを浴びていた透が、部屋着姿で戻ってきた。
「なにか悩み事? 昨日からちょっとようすが変だね」
 俺の顔色や心模様を気にかけていつも注意深く見つめてくれている思慮深い恋人は、いま思わずこぼしたため息よりずっと前から、滅入る俺のようすに気づいてくれていたらしい。……嬉しくて、余計にまいってしまう。
「心配させてごめんね……ありがとう」
「いいんだよ。話せることなら、時期を見て聞かせて」
 どこまでも優しく労りつつ、俺のうしろに座って背中から抱きしめてくれる。腰にまわる逞しい腕と、お腹を支えてくれる大きな掌が、風呂あがりのせいで熱くて、癒やされすぎて安心感まで増していく。
「うん……厳密に言うと、俺の悩みってわけでもないんだ。会社の後輩の狩野さんって女の子から恋愛相談を受けててね、手紙で告白するって決めたまではよかったんだけど、それを自分で渡すのは怖いからお願いって……託されたんだよ」
「ほう、手紙で告白。失礼なことを言うけど……いまどき古風で、すごく素敵な告白だね」
「その相手、俺が担当してる作家さんなんだ。だから手紙って手段は本人も嫌がらないと思う。年末の忘年会パーティで意気投合したのがきっかけで狩野さんが恋して……でも本人から直接連絡先を訊いたりする立場にもなくてって悩んでて。気持ちを聞かされているうちに俺も『作家とつきあうのは大変だよ』とかなんとか、こう……思わず意見してたらあいだに入る感じになっちゃって、いまにいたります……」
「なるほど、要にとってはいろんな意味で他人事じゃないもんな」
 担当作家という意味でも、父親が父親にあらず、死ぬまで童話作家だったという意味でも。
「じつは作家さんのほうもたまに彼女のこと『元気ですか』って訊いて、気にかけてくれてるんだよ。けど、その〝告白のとき〟を『先輩のタイミングで決めて』って委ねられたのは、ほんとに、とにかく……困った」
 狩野さんは自分が担当じゃないにしろ、出版社の人間なぶん、気づかわせるのではないかとか、仕事にも影響がでて会社に迷惑をかけるのではないかとか、多方面に懊悩した挙げ句、俺に手紙を託してきた。しかし、となると今度はその責任がまるっと全部俺にのしかかってきたわけで……。
「……なにかあったとき、俺が狩野さんと先生と会社を守れるか心配だよ。結ばれまいと、結ばれようとね。作家さんと恋仲になる編集者もいるらしいし、ふたりも大人だからひょっとしたら心配しすぎかもしれないけど」
「まあ、会社に関係のある相手と恋愛ってなると、慎重にならざるを得ないのはあるね」
「うん……そうなんだ」
 透が俺のお腹を軽くひいて、俺の背中と透の胸とがぴったりくっつりようにしながら「んー……」とのんびり唸る。
「よし、じゃあちょっとここで待ってて」
「え?」
 何事か思いついたようすで透は急に立ちあがり、ドアのほうへむかっていってしまう。
「そこにいて。要はこっちにきちゃ駄目だよ」
 もう一度念を押すと、笑顔でぱちんとウインクまで残して寝室をでていった。
 え、なんだろう……狩野さんの恋愛話が、透にどんな火をつけた……?
 ドアをあけてようすを覗くのも駄目なんだよな、とそわそわしながら待っていたら、やがて「入るよー」と戻ってきた透の手には、おっきなおにぎりがよっつ乗ったお皿があった。
「おにぎり……!」
「ちょうどお昼の時間だからね」
 しかも三角のおにぎりのお腹には、海苔を切って作られたややいびつでヘンテコな動物の顔がついている。
「要がお弁当で作ってくれるみたいな上手な顔にはできなかったけど、ドーベルマン王子とキジトラ猫王子のつもりだよ。ほかのはライオンと、えっとー……おにぎりさん、かな」
「おにぎりさんっ!」
「ごめん……クマにしたかったんだけど無理だったから新キャラを捻りだしてみた」
「ははっ」
 ぼさぼさの髪をした眠たげな顔のライオンと、にっこり笑う鼻のまるい〝おにぎりさん〟……あんまりに可愛らしくて嬉しくてたまらなくて、笑いがとまらない。
「ありがとう、ふふっ……可愛すぎてどうしよう、食べられないよっ……」
「はは、笑ってくれたならよかった。でもちゃんと食べて」
「わかった……じゃあ麦茶とってくるよ」
「あ、そうだ忘れてた、ありがとう」
 キッチンへいってグラスに麦茶を注ぎ、笑いすぎた胸を撫でて改めて幸せを噛みしめた。透は片づけまできちんとしてくれていたけれど、シンクのところに海苔の小さな欠片がいくつか落ちている。……一生懸命海苔を切って、動物おにぎりを作ってくれたんだな。動物の顔を想像しながら真剣にハサミの先を凝視して、丁寧に作ってくれた透の姿が鮮明に想像できる。……胸がいっぱいになる。
「要、いい風が入ってくるよ」
 麦茶を持って俺も寝室へ戻ると、透はガラス戸をひらいているところだった。暖かい風が吹いて白いカーテンがふんわり浮かび、昼の淡い陽光がベッドや観葉植物や、ラグやテーブルを明るく照らしている。
「本当だ、いい風……」
 透明の掌みたいに、風が頬と髪を掠めて、重たく沈んでいた心まで撫でてやわらかく吹き抜けていく。気持ちいい……。
「食べようか」
 透にうながされて、「うん」とふたりでまたラグの上へ腰かけた。透は定位置だ、というふうに俺のうしろに寄り添ってきて、おにぎりをとる。
「俺はキジトラ猫王子を食べるよ。要はドーベルマン王子ね」
「あ、待って、写メるから」
「ははは、これは恥ずかしいなあ……」
 スマホをとって、手ぶれしないよう脇をしめて慎重に撮影する。透が俺の作るお弁当の海苔アートを保存してくれているように、俺も透が作ってくれる可愛い料理を写メしている。このあいだもオムライスのケチャップアートを撮った。
「とっても可愛い……本当にありがとう透」
 綺麗に撮って保存したあとは、ふたりでおにぎりを手にして「いただきます」と食べた。
 海苔アートは初めてだけど、透がおにぎりを作ってくれたことは何度もある。彼の大きな掌で握られるおにぎりは、おなじぐらいものすごく大きい。ふたりして、あー、と口まで大きくひらいてかぶりついて、笑いあってしまう。……透の慈しみに満ちた想いが、丁寧におりこまれたこの大きなおにぎりが、俺は大好きだった。頬張って、咀嚼して、飲みこんで、自分の身体の一部として底へ浸透していくのを感じると、透の愛情をそのまま食べているような錯覚をして幸福に胸が苦しくなる。
「……要。これは俺の憶測だけど、彼女は要に、恋をやめることも委ねたんだと思うよ」
 え……。
「『この手紙は送っちゃ駄目だ、だから捨てておいた』って要に言われたら諦めようって、その可能性も覚悟してるんじゃないかな。〝告白できてなんらかの始まりを手にする世界〟と〝告白できないですべてが終わる世界〟――彼女が要に委ねたのは〝恋が成就するか、しないか〟の世界だけじゃないのかもしれない」
「そ……そんな、」
 俺が狼狽えたら、深刻な声音で語りかけてくれていた透がとたんに「ほら」と左側から顔を寄せて、覗きこんできた。
「要のなかで答えはでてるでしょう。要はいま〝捨てるつもりなんかない〟って思ったんじゃない? 〝彼女の心を勝手にゴミ箱に捨てて、終わりにするなんて考えてもいなかった〟って。要には送る意思がすでにあるんだ。それはもう揺るぎないものなんだよ」
 指摘を受けて返答につまる。……たしかにそうだ。送ったあとに起きる問題から、狩野さんと先生と会社を守りきれるのか、ということしか悩んでいなかった。結局、ひとりでどれだけぐるぐる思いつめたって、手紙を送ってみないことには解決方法も見いだせないんだ。そして俺には、狩野さんの心が、ひと文字ひと文字大事にしたためられた手紙を、捨てることなどできはしない。したくない。
「うん……そうだね。悩んでたのは、無駄な時間だったのかもしれない」
「ン……うまく結ばれる可能性だってあるんだから、まずは伝えてあげよう。すべてはそれからだよ」
「……うん。ちょうど先生とうちあわせしたいと思ってた時期だから、明日あたり連絡して、会って話して、直接渡してみる。先生も狩野さんのこと嫌いではないだろうし、考えてくれるといいな……」
 ふふ、と透が俺の左耳の傍で笑った。
「要が手紙を持って人に会いにいくときは、必ず幸せなことが起きるから大丈夫だよ」
 ……俺たちの〝出会い〟の日の話をしてくれている。
「嬉しいな……〝自分はモブだ〟って言ってた要が、いまは会社の後輩たちをどうしたら守れるかって悩んでる。俺の愛しいヒーローが、さらに成長してみんなのヒーローになってるんだ、誇らしいったらない」
 しみじみ言って、微笑みながら俺の頭に頬ずりして喜んでくれる透に、また癒やされて苦しくなった。自分の手には、ぎざぎざのトラ模様をひとつずつきちんきちんと切って作られたキジトラ猫のおにぎりがある。
「……いつも言ってるけど、俺がヒーローに成長できてるんだとしたら、それは透のおかげなんだよ」
 透がくれた自信、矜恃、意志、愛情……現在の俺は、このおにぎりみたいに彼がくれたものの堆積した身体でできている。咀嚼して、ゆっくりと体内に浸透していったもの。心の一部になった、ぬくもりと愛情に彩られたものたち。それが俺を形成して、生かしている。
「そうかな。俺も要がくれる幸せのおかげで強くなれてるから、要にもお返しできているなら嬉しいな」
 ふふ、と俺も透の頬に頬をすり寄せた。
「これは、一生終わらない愛情の交換こだね」
 受けとって抱きしめて、また渡して喜んでもらえる笑顔に満たされて、その幸福を再び強く抱きしめあう。
「うん……続けていこう、愛情の交換こ」
「……はい」
 微笑みあったその瞬間、ぶわっと強い風が吹き荒れた。
「わあっ」
 無数の桜の花びらを巻きこんでガラス戸からながれこみ、らせん状に宙にひろがって、クラッカーを破裂させたときみたいに室内を舞っていく。ベッドの上にも、ラグの上にも、観葉植物の上にも、そばにおいていた雑誌の上にも、おにぎりにも、麦茶のグラスのなかにまで舞い落ちた。
「綺麗っ……」
 ふたりで顔を見あわせて笑いあった。透の頭にも腕にも、桜の花びらがある。眼鏡に太陽光が反射して眩しい。合図もなく、笑いあったままふたりして唇をあわせてキスもした。
 光のなかの風と花びらと大好きな人――俺たちのエデン。


 ……後日、手紙を読んでくれた先生は、自分も狩野さんを好きになっていたんだ、と照れて喜んでくれて、晴れてふたりは恋人同士になった。問題など起きる隙もないぐらいラブラブで、毎日のろけ話を聞かされて拍子抜けしたほどだ。
 透も一緒に喜んでくれた。『俺の言ったとおり、要は手紙とともに幸せを運んでいるでしょう?』と――。

特典情報

特典情報

購入特典あり!

※各特典の配布状況は店舗によって異なります

一般共通特典 配布店舗一覧

全国チェーン店・専門店
ホーリンラブブックス
文教堂アニメガ(一部店舗除く)
北海道
MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
ゲオ 北見南大通店
ジュンク堂書店 旭川店
喜久屋書店 帯広店
宮脇書店 帯広店
青森県
TSUTAYA 弘前店
伊吉書院 八戸類家店
岩手県
ジュンク堂書店 盛岡店
宮城県
TSUTAYA 古川バイパス店
スクラム 古川店
ブックTOWN角田店 
ヤマト屋書店 TSUTAYA中里店
丸善 仙台アエル店
喜久屋書店 仙台店
金港堂 石巻店
未来屋書店 名取店
秋田県
ミライア 本荘店
加賀谷書店 茨島店
福島県
みどり書房 桑野店
ヤマニ書房 エブリア店
宮脇書店 ヨークタウン野田店
栃木県
うさぎや TSUTAYA 宇都宮東簗瀬店
喜久屋書店 宇都宮店
進駸堂 ヨーカドー店
群馬県
喜久屋書店 太田店
紀伊國屋書店 前橋店
文真堂書店 瀬戸谷店
埼玉県
Book Depot 書楽 
くまざわ書店 飯能店
ジュンク堂書店 大宮高島屋店
旭屋書店 新越谷店
須原屋 アリオ川口店
博文堂書店 千間台店
芳林堂書店 みずほ台店
千葉県
BOOK EXPRESS ペリエ西船橋
TSUTAYA 柏駅前店
くまざわ書店 モラージュ柏店
くまざわ書店 ららぽーと店
くまざわ書店 蘇我店
ときわ書房 八千代台店
旭屋書店 船橋店
丸善 津田沼店
喜久屋書店 千葉ニュータウン店
三省堂書店 カルチャーステーション千葉
堀江良文堂書店 松戸店
東京都
SHIBUYA TSUTAYA 
あゆみBOOKS 瑞江店
オリオン書房 イオンモールむさし村山店
オリオン書房 ノルテ店
オリオン書房 ルミネ立川店
くまざわ書店 浅草店
くまざわ書店 八王子店
コミックとらのあな 秋葉原店B
コミックとらのあな 池袋店B
ジュンク堂書店 吉祥寺店
ブックセンター クルネ店
ブックファースト 新宿店
旭屋書店 池袋店
丸善 丸の内本店
丸善 多摩センター店
啓文堂書店 東府中店
三省堂書店 池袋本店
書泉グランデ 
書泉ブックタワー 
福家書店 新宿サブナード コミックストア
芳林堂書店 高田馬場店
有隣堂 アトレ大井町店
有隣堂 グランデュオ蒲田店
有隣堂 ヨドバシAKIBA店
神奈川県
あおい書店 上大岡店
ジュンク堂書店 藤沢店
ブックファースト モザイクモール港北店
伊勢原書店 渋沢店
丸善 ラゾーナ川崎店
紀伊國屋書店 ららぽーと横浜店
紀伊國屋書店 横浜みなとみらい店
三省堂書店 海老名店
八重洲ブックセンター 京急上大岡店
未来屋書店 大和鶴間店
有隣堂 アトレ川崎店
有隣堂 伊勢佐木町本店
有隣堂 横浜駅西口コミック王国
有隣堂 戸塚モディ店
有隣堂 厚木店
有隣堂 藤沢店
山梨県
天真堂書店 甲府国母店
長野県
平安堂 上田店
新潟県
ジュンク堂書店 新潟店
紀伊國屋書店 新潟店
知遊堂 三条店
本の店英進堂 
富山県
Booksなかだ 掛尾本店 コミックラボ
喜久屋書店 高岡店
文苑堂書店 新野村店
石川県
うつのみや 金沢工大前店
うつのみや 上林店
ブック宮丸 金沢南店
福井県
じっぷじっぷ 種池店
勝木書店 SuperKaBoS 大和田店
岐阜県
喜久屋書店 大垣店
静岡県
あおい書店 富士店
マルサン書店 サントムーン店
マルサン書店 仲見世店
マルサン書店 富士店
戸田書店 静岡本店
焼津谷島屋書店 登呂田店
谷島屋 浜松本店
谷島屋書店 マークイズ静岡店
谷島屋書店 富士宮店
谷島屋書店 流通通り店
明屋書店イケヤ文楽館 高林店
愛知県
TSUTAYA 春日井店
カルコス 扶桑店
くまざわ書店 一宮店
ジュンク堂書店 ロフト名古屋店
星野書店 栄町ビル店
星野書店 近鉄パッセ店
精文館書店 本店コミック館
滝書店 
未来屋書店 名古屋みなと店
三重県
宮脇書店 津ハッピーブックス店
新光堂書店 四日市駅前店
東京書店 津店
滋賀県
喜久屋書店 草津店
本のがんこ堂 守山店
京都府
アバンティブックセンター 京都店
喜久屋書店 漫画館京都店
大垣書店 京都ファミリー店
大垣書店 京都ヨドバシ店
大阪府
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
コミックランド ヒバリヤ 
ジュンク堂書店 大阪本店
ジュンク堂書店 天満橋店
ジュンク堂書店 難波店
ブックファースト コミックランド梅田店
ブックファースト 蛍池店
旭屋書店 なんばCITY店
喜久屋書店 東急ハンズ心斎橋店
喜久屋書店 漫画館 阿倍野店
紀伊國屋書店 グランフロント大阪店
清風堂書店 梅田店
大垣書店 高槻店
天牛堺書店 堺東高島屋店
未来屋書店 アシーネ京橋店
未来屋書店 りんくう泉南店
兵庫県
エンジョイスペースGUILD 
ジュンク堂書店 芦屋店
ジュンク堂書店 三宮駅前店
ジュンク堂書店 三宮店
ジュンク堂書店 住吉店
ジュンク堂書店 姫路店
ジュンク堂書店 明石店
ブックランドサンクス 宝塚ソリオ店
喜久屋書店 東急プラザ新長田店
紀伊國屋書店 加古川店
紀伊國屋書店 川西店
田村書店 武庫之荘北店
奈良県
喜久屋書店 橿原店
和歌山県
宮井平安堂 貴志川店
本と文具ツモリ 西部店
鳥取県
Book Yard. CHAPTER 1
Book Yard. CHAPTER3
ブックセンターコスモ 吉方店
宮脇書店 境港店
本の学校今井ブックセンター 
島根県
ブックセンターコスモ 出雲店
ブックセンタージャスト 浜田店
岡山県
喜久屋書店 倉敷店
喜久屋書店 津山店
紀伊國屋書店 クレド岡山店
宮脇書店 笹沖店
宮脇書店 平島店
啓文社 岡山本店
本の森 セルバ岡山店
広島県
ジュンク堂書店 広島駅前店
フタバ図書 GIGA広島駅前店
フタバ図書 GIGA本通店
フタバ図書 TERA広島府中店
フタバ図書 アルティアルパーク北棟店
丸善 広島店
紀伊國屋書店 広島店
啓文社 ポートプラザ店
廣文館 緑井天満屋店
山口県
宮脇書店 徳山店
徳島県
小山助学館 本店
南海ブックス 
香川県
TSUTAYA 丸亀郡家店
宮脇書店 南本店
宮脇書店 本店
愛媛県
ジュンク堂書店 松山店
宮脇書店 伊予三島店
明屋書店 空港通店
福岡県
ジュンク堂書店 福岡店
フタバ図書 TERAイオンモール福岡店
丸善 博多店
喜久屋書店 小倉店
紀伊國屋書店 福岡本店
積文館書店 筑紫野店
積文館書店 本城店
白石書店 本店
長崎県
メトロ書店 本店
熊本県
蔦屋書店 熊本三年坂
大分県
ジュンク堂書店 大分店
宮崎県
明林堂書店 南宮崎店
鹿児島県
ジュンク堂書店 鹿児島店
丸善 天文館店
沖縄県
ジュンク堂書店 那覇店

著者関連作品

著者関連作品

  • 晴明のソラ

    type特典あり

    晴明のソラ

    著:朝丘 戻
    ill:yoco

  • エデンの太陽

    type特典あり

    エデンの太陽

    著:朝丘 戻
    ill:カズアキ

  • 月夕のヨル

    type特典あり

    月夕のヨル

    著:朝丘 戻
    ill:yoco

  • 氷泥のユキ

    type特典あり

    氷泥のユキ

    著:朝丘 戻
    ill:yoco

  • ラジオ

    type特典あり

    ラジオ

    著:朝丘 戻
    ill:麻生ミツ晃

  • あめと星の降るところ -Complete Book 1-

    type特典あり

    あめと星の降るところ -Complete Book 1-

    著:朝丘 戻
    ill:テクノサマタ

  • 春と秋とソラの色 -Complete Book 2-

    type特典あり

    春と秋とソラの色 -Complete Book 2-

    著:朝丘 戻
    ill:yoco

  • 窓辺のヒナタ

    type特典あり

    窓辺のヒナタ

    著:朝丘 戻
    ill:yoco

  • サヨナラ・リアル

    type特典あり

    サヨナラ・リアル

    著:朝丘 戻
    ill:問

  • 夜明けの嘘と青とブランコ

    type特典あり

    夜明けの嘘と青とブランコ

    著:朝丘 戻
    ill:カズアキ

  • Heaven's Rain 天国の雨 Limited Edition

    type

    Heaven's Rain 天国の雨 Limited Edition

    著:朝丘 戻
    ill:yoco

  • 秋色

    type

    秋色

    著:朝丘 戻
    ill:小椋ムク

  • 春恋

    type

    春恋

    著:朝丘 戻
    ill:小椋ムク

  • 坂道のソラ

    type

    坂道のソラ

    著:朝丘 戻
    ill:yoco

  • 春へ

    type

    春へ

    著:朝丘 戻
    ill:小椋ムク

  • あめの帰るところ

    type

    あめの帰るところ

    著:朝丘 戻
    ill:テクノサマタ
    出演:椎本千歳:梶 裕貴 能登匡志:日野 聡

  • ドラマ

    type

    ドラマ

    著:朝丘 戻
    ill:麻生ミツ晃

  • 星を泳ぐサカナ

    type

    星を泳ぐサカナ

    著:朝丘 戻
    ill:葛西リカコ

  • あめの帰るところ

    type

    あめの帰るところ

    著:朝丘 戻。
    ill:テクノサマタ

  • 君に降る白

    type

    君に降る白

    著:朝丘 戻。
    ill:麻生ミツ晃

小説家

小説家

▲TOPへ戻る