『狼は花の馨り 2』8月22日紙&電子同時発売!!

朝丘 戻デビュー15周年フェア開催決定!!
詳しくはこちらをクリック

作品紹介

恋しくて、恋をしてほしくて、欲しくて。……欲しくて――
            この暗い所から解放してくれる、空みたいな人だった――。
            高校生の日向は家族にゲイだとばれ、継父から冷たい仕打ちを受けていた。
            自分の存在価値と将来に希望を見いだせずにいながらも明るく前むきに努力していた日向。
            そんなある夜、SNSで「シン」という男性と出会い、女の子だと勘違いされてしまう。
            シンの優しい人となりに惹かれてしまった日向は、どうしても本当のことが告げられず……。

商品情報

窓辺のヒナタ

窓辺のヒナタ

著者    :朝丘 戻
ill.     :yoco
本体価格  :741円+税

2月13日(月)発売!

坂道のソラ

 シリーズ第1弾

「坂道のソラ」

 詳しくはこちら

特典情報

サンプル

夜十時。『アニマルパーク』へログインするのは、この時間からと決めている。
勉強をやめて机のライトを消し、スマフォ片手にベッドへ移動して寝転ぶ。暑いからタオルケットだけ腹にかけて、仰むけでスマフォを持ち『アニマルパーク』のアイコンを押した。
やがて“ヒナタの部屋”と狭い家の室内が表示されて、その中心に白いネコのアバターが現れる。つぶらな黒い左目の下に泣きぼくろがある、まんまるい頭をした二頭身のネコ。
麦わら帽子をかぶって、赤文字で胸に“あにまるぱあく”と書かれた白いTシャツとジーンズを着ているこのネコは、俺の分身でヒナタという。
可愛い絵柄も気に入っているヒナタを指先で動かすと、外の庭にある畑へつれだした。まずは昨日植えておいたトマト、にんじん、レモンの収穫作業だ。ひとつずつ押すたびにヒナタが小さな両手で野菜をひっこ抜き、かごに入れていってポイントとコイン型のお金が増える。
期間限定クエストのポイントをためると特別衣装や小物を獲得できるんだけど、今回は野菜ジュースをしこたま作れば可愛いチェック柄の帽子とつなぎ服がもらえるから頑張っていた。
この『アニマルパーク』通称『アニパー』の畑ゲームを始めたのは二ヶ月前。同い年の幼なじみ豊田忍に教えてもらったのがきっかけだった。
高校最後の夏休み前、俺が『夏休みが受験勉強で潰れるなんて辛すぎる』とぼやいたら、『息抜きに携帯ゲームでもすれば。「アニパー」っていうの流行ってるらしいよ』と淡泊な口調で教えてくれた。
──あにぱー?
──動物のアバターでカジノとか畑とかいって遊ぶらしい。
──あ、最近テレビCMやってるやつな。でもあれ出会い系SNSじゃない?
──そうでもないっぽいぞ。ひとりでも遊べるって。
──へえ。パズルゲーム飽きてたからやってみようかな。忍もやってんの?
──俺は興味ない。
──そっか。
忍はもともとゲームに熱中しないクールな奴だからしょうがない。以前たまたまやった携帯ゲームが、ネット上の見知らぬ他人とランダムにチームを組まれてクエストをクリアするやつだったそうで、『時間になると呼びだされたり、下手な奴に足ひっぱられたりして怠かった。俺にはあわない』と不機嫌そうにしていたから、トラウマなのかもしれない。
『アニパー』をすすめてくれたのは幼なじみへの同情か、なんにも考えてないか、だ。
俺もネットで出会いを求めているわけじゃないが、忍ほど拒否感もない。なので、いまでは畑の交流イベントで知りあったネット友だちがいる。ただし主婦だったり大学生だったりしてログイン時間がばらばらなうえ、みんな畑ゲームメインで参加しているから“会話する気分だったらチャットをする”っていう気楽な関係だった。
『アニパー』において畑はあくまで単独で楽しむゲームコンテンツ。会話や出会いを求めている人は、交流広場の公園のほうへいく。
畑の横にあるキッチンへヒナタを移動させて野菜ジュースを作りながら、……でも、と思う。でも、俺みたいなのはこういう場所のほうが恋人探しもうまくいくのかもな。
は、とため息をついたら、スマフォを持っていた手がゆるんで顔面にガンと落ちてきた。
「いっつっ……」
額と鼻先がじんじん痛んで、さすりつつスマフォを持ちなおすと、野菜ジュースがちょうど十個完成している。
食べ物は自分の庭に設置したテーブルで友だちにごちそうするか、町のパーティー会場へ納品することでさらにポイントが増えるから、気をとりなおして移動ボタンを押し、早速納品にでかけた。
受付にいるウマのポコリにジュースを渡してポイントとお金の報酬を画面いっぱいにもらい、ヒナタに受けとらせる。うん、これでまた野菜の苗を買って畑に植えよう。
──『こんばんは、すみません』
ん? ふいにチャットの吹きだしが視界を掠めて、クリーム色のキツネが近づいてきた。
キツネは今月新しく増えたアバターだから、『アニパー』を始めたばかりの人だ、とわかった。白い半袖と茶色い半ズボンの初期服姿でも、個々に自由選択できる目やスタイルがきりっとしていてすごく格好いい。
俺いまこの人に話しかけられたよな?
──『こんばんは、初めまして』
返事の挨拶を入力して送ると、ヒナタの頭上にも漫画の吹きだしみたいに文字が表示された。ふわっと数秒浮かんで消えていく。
──『初めまして。ぼく初心者なんですけど、ひとつ教えてもらってもいいですか』
──『はい、どうしたんですか?』
返答を待ちつつキツネのアバターを押してプロフィールを見たら、シン、という名前だけがあった。自己紹介欄は空白なので“ぼく”っていう一人称から性別しか判断できない。
──『あの、じつはおじぎの動作アクションボタンが消えてしまったんです。ちゃんとつかえてる人もいて、ぼくだけエラーがでてるみたいなんですけど、どうしたらなおりますか?』
文面から困ったようすが伝わってくる。なるほど。
──『アプリのアップデートをしたらなおりますよ。このあいだ新しいアクションが加わったせいで、アップデートしないとバグがでるって、障害情報で運営さんもお詫びしてました』
──『そうだったんですね。じゃあ試してみます。ヒナタさん、すぐ戻ってくるからここにいてくれませんか』
会話するの自体珍しい畑で“ここにいて”なんて縋られてどきとした。
──『はい、わかりました、待ってます』
一瞬、新手のナンパか? と疑ってしまったけど、同性相手にそんなわけがない。アクションが正常に作動するかどうか確認と報告をしたいって意味だろうと思いなおして、シンさんが消えたパーティー会場の片隅でヒナタを椅子に座らせて待った。
納品受付にいろんな動物が訪れてジュースを渡し、報酬をもらって帰っていくのをぼんやり眺めること数分。またぱっとクリーム色のキツネが現れて、たたた、とヒナタの横に駆け寄ってきた。
──『戻りました』
そして、ぺことおじぎをくれる。
──『おかえりなさい。なおってよかったですね』
俺もヒナタを椅子からおろしておじぎをした。両手を身体の前であわせて頭をさげる姿が、ふたりとも可愛い。
──『ありがとうございます。ヘルプを見てもわからないから焦りました。今後は障害情報を見るようにします。ヒナタさんのおかげで勉強になりました』
──『とんでもない。お役に立てて嬉しいです』
じゃあ、と別れの言葉を切りだそうとしたら、シンさんが『ヒナタさん』と続けた。
え、と思った刹那、いきなり両腕で抱きしめられて息を呑む。もちろん、俺をじゃなくて、ヒナタをだけど。
──『すみません!』
シンさんの頭上に浮かぶ慌てたチャットの文字に反して、キツネのアバターは凛々しい表情のままネコのヒナタからゆっくり手を離す。
──『ごめんなさい、新しいアクションを試したかったんですけど、こんなのだと思わなかった』
アクションのボタンにはにこちゃんマークの絵でしぐさの表現がされているのみだ。おじぎなら、うつむきがちに目をとじているにこちゃんの横に、濁点みたいなちょんちょんで“頭をさげてますよ”的な表現がされているだけ。ハグのアクションは、にこちゃんどころか両掌がぱぁとひらかれた絵だけだった。拍手とも勘違いできる適当さでしかない。
──『大丈夫です。これ、間違えちゃいますよね。気にしないでください』
──『いえ、ぼくが無知なせいです。初対面なのに変態行為を働いて、本当にすみません』
──『変態行為って』
口を押さえて、あはは、と笑うアクションをヒナタにさせた。
──『ハグは最初、十日間ぐらいのお試し期間で登場したあと、イベント限定のアクションになってたらしいです。やっぱり大胆すぎたみたいで。でも今回のアップデートで通常つかえるアクションに仲間入りしたんですよ。そういう理由を知ってる相手なら、変態なんて思わないんじゃないかな』
──『そうなんですね。どうあれ、相手がヒナタさんでよかったです。理由を知っていたとしても、受け容れてくれるかどうかは人によるだろうから。ヒナタさんは優しかった』
また胸にきゅんと刺激が走った。あなたでよかった、って言いかたもすごく狡い。
──『「アニパー」は親切な人も多いですよ。CMでながれてるぐらい有名なのに、マナーの悪い人に会ったことないですもん。始めて二ヶ月経つけど、みんな優しくて安心です』
──『なら選んだ場所も正解でしたね。「アニパーは」ってことは、ヒナタさんはいろんなSNSをしてるんですか?』
──『あ、いえ、こういうのは初めてです』
──『おなじだ。ぼくも初めてで、一昨日始めたばかりでした』
一昨日か、と納得しながら、誤解も解けたしそろそろお別れのときかな、と予感した。
ひさびさにチャットをしたなあ、となんとなく愉快な気分で、じゃあ、と再び最後の挨拶を入力していたら、また『「アニパー」にはよくくるんですか』とシンさんが会話を繋いだ。
あれ。慌てて文字を消して、返事を送る。
──『はい。だいたい毎日、十時ごろから畑で遊ぶって決めてます』
もしかして友だちになろうって誘われるのかな。おたがいを友だちリストに登録すれば、オンライン状況がわかったり、一対一で会話するプライベートチャットが可能になったりする。
──『ヒナタさんはログイン時間を決めてるんですか?』
──『はい。受験生だから、決めておかないとだらだら遊んじゃいそうで』
──『受験ってことは、学生さんなんだ』
『はい』とくり返す。
シンさんはいくつぐらいの人なんだろう。“学生さん”って物言いからして歳上なんだろうと察せられたものの、二十代なのか三十代なのか、はたまたそれより上なのかは、文字の世界じゃわかり得ない。
キツネのアバターが、ぺことおじぎをした。
──『じゃあヒナタさん、ぼくはそろそろお暇します』
あ。受験生のガキなんて面倒くさいと思われたか。
──『ヒナタさんと話せて楽しかったです。もう十二時前なのに、若い女の子をこんな時間までひきとめたらいけませんよね。すみません。またどこかで会っておたがい時間があれば、お話ししてください』
……ん? おんなのこ?
笑顔で手をふるシンさんを前にして、俺が、シンさん、と文字を打ってひきとめようとしているうちに、彼はぱっと消えてしまった。
女の子。
そういえばシンさんは“ヒナタ君”とは呼ばなかった。女性にもヒナタって名前の子はいるけれど、俺も男じゃないって勘違いさせてしまったのか──。

スペシャル企画

コンプリートブック2冊同時発売!

<発売日>
2017年3月13日
<タイトル>
あめと星の降るところ -Complete Book 1- ill.テクノサマタ
春と秋とソラの色 -Complete Book 2- ill.yoco

朝丘 戻 先生デビュー15周年の節目に、
今までに発売された文庫の特典小説や番外編などをすべて集め、2冊にまとめたコンプリートブックを発売!
(収録作品は「君に降る白」「あめの帰るところ」「星を泳ぐサカナ」「坂道のソラ」「春へ」「春恋」「秋色」)

 

朝丘 戻 デビュー15周年記念フェア

複製サイン入りイラストカードプレゼント

<期間> 2017年3月13日~4月12日

対象の既刊商品を1冊ご購入毎にイラストカード1枚をプレゼント!(全6種)
↓対象作品はフェアシールが目印!

フェアシール見本

<イラストカードラインナップ>

フェア参加店舗一覧はこちら

北海道
ゲオ 北見南大通店
喜久屋書店 帯広店
千葉県
未来屋書店 藤崎店
岩手県
さわや書店 フェザン店
ジュンク堂書店 盛岡店
宮城県
よしのや 仙台愛子店
喜久屋書店 仙台店
山形県
戸田書店 三川店
福島県
岩瀬書店 富久山店
栃木県
進駸堂 ヨーカドー店
群馬県
喜久屋書店 太田店
埼玉県
須原屋 川口前川店
千葉県
くまざわ書店 モラージュ柏店
ときわ書房 本八幡スクエア店プラスゲオ
丸善 津田沼店
紀伊國屋書店 流山店
三省堂書店 カルチャーステーション千葉
堀江良文堂書店 松戸店
東京都
あおい書店 中野本店
オリオン書房 ノルテ店
くまざわ書店 コミックランドビーワン錦糸町店
くまざわ書店 西新井店
コミコミスタジオ 町田
ジュンク堂書店 池袋本店
ブックファースト 新宿店
丸善 丸の内本店
丸善 多摩センター店
紀伊國屋書店 新宿本店
三省堂書店 池袋本店
書泉グランデ 
書泉ブックタワー 
大地屋書店 大山店
博文堂書店 田無店
福家書店 新宿サブナード コミックストア
文教堂書店 二子玉川店
神奈川県
あおい書店 上大岡店
あおい書店 川崎駅前店
ジュンク堂書店 藤沢店
ブックファースト 青葉台店
伊勢原書店 城山店
文教堂書店 R412店
文教堂書店 溝ノ口本店
有隣堂 厚木店
有隣堂 藤沢店
山梨県
ジュンク堂書店 岡島甲府店
富山県
喜久屋書店 漫画館 高岡店
石川県
BOOKSなかだ かほく店
Kabos 大桑店
うつのみや 上林店
福井県
TSUTAYA 福井パリオ店
山田書店 
岐阜県
カルコス 各務原店
静岡県
丸善&ジュンク堂 新静岡店
戸田書店 静岡本店
谷島屋 サンストリート浜北店
谷島屋 ららぽーと磐田店
谷島屋 浜松本店
愛知県
TSUTAYA ウイングタウン岡崎店
TSUTAYA バロー戸田店
TSUTAYA 春日井店
TSUTAYA 瀬戸店
ジュンク堂書店 ロフト名古屋店
三重県
TSUTAYA ミタス伊勢店
TSUTAYA 四日市店
TSUTAYA 鈴鹿中央通店
宮脇書店 久居インター店
別所書店 サティ店
滋賀県
ジュンク堂書店 滋賀草津店
喜久屋書店 草津店
京都府
アニメガ 京都店
丸善 京都本店
喜久屋書店 漫画館京都店
大垣書店 京都ヨドバシ店
大阪府
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
アニメガ 梅田ロフト店
ジュンク堂書店 大阪本店
ジュンク堂書店 天満橋店
ハイパーブックス 茨木店
ブックファースト コミックランド梅田店
紀伊國屋書店 グランフロント大阪店
水嶋書房 金剛店
大垣書店 高槻店
福家書店 アリオ鳳店
文教堂書店 住道店
兵庫県
うかいや書店 島田店
キャップ書店 逆瀬川店
ジュンク堂書店 芦屋店
ジュンク堂書店 三宮店
ブックスユートピア 野間店
喜久屋書店 神戸北町店
宮脇書店 アマゴッタ店
未来屋書店 姫路大津店
奈良県
キャップ書店 王寺店
鳥取県
Book Yard CHAPTER1 
ブックセンターコスモ 吉方店
今井書店 錦町店
今井書店 湖山メディア館
今井書店 本の学校メディア館
島根県
ブックセンターコスモ 出雲店
岡山県
ブックセンターコスモ 津山店
啓文社 岡山本店
津山ブックセンター アルネ店
本の森 セルバ岡山店
広島県
フタバ図書 TERA広島府中店
紀伊國屋書店 広島店
啓文社 緑町店
徳島県
南海ブックス 
香川県
宮脇書店 本店
福岡県
ジュンク堂書店 福岡店
喜久屋書店 小倉店
喜久屋書店 小倉南店
佐賀県
明林堂書店 鳥栖店
熊本県
蔦屋書店 熊本三年坂店
大分県
さくら書店 杵築店
鹿児島県
ジュンク堂書店 鹿児島店
丸善 天文館店
沖縄県
ジュンク堂書店 那覇店
宮脇書店 大山店

イベント

「窓辺のヒナタ」発売記念
 朝丘 戻 先生リアルサイン会開催決定!!

【日時】2017年2月19日(日)14:00~開始
 (※参加抽選申し込みは終了しております)

コラボ

コミコミ×ダリア コラボカフェにて
朝丘戻先生の作品「サヨナラ・リアル」のコラボドリンクを販売中!
ドリンクをご注文いただくと、缶バッジを1つプレゼント!

マロウ『カルピス』by「サヨナラ・リアル」

▼詳細はこちらから!
https://machida.comicomi-studio.com/

朝丘戻 既刊本紹介

▲TOPへ戻る